社会保険労務士の働き方と年収!

このページでは、もっと掘り下げて、社会保険労務士を理解するために 働き方や年収についてお話していきます。 ここも試験勉強する際にモチベーションを保つために重要な要素なので、 是非理解してください。

社会保険労務士は、独立開業の資格ですから、通常は自分の事務所を構えて 仕事をしていくことになります。 しかし中には企業の社員として働く、勤務社会保険労務士も多くいます。 この場合は、人事や総務の部署で専門知識を活かし、保険の手続きや就業規則の作成、 人事関係の問題を解決していくことになるのです。
通常の社員よりも専門的知識や法律の理解があるので、企業にとってみれば心強いし、
収入も安定することでしょう!

しかし収入的な観点からみれば独立開業した社会保険労務士に比べ、劣ることは 間違いありません。 企業内にいればどうしてもその年齢に合わせた一般的な年収になりますし、
特別な資格手当てもないと考えてください。

ですが、独立した場合は違います。 会社員でも考えられないほどの年収を稼いでいるケースは多々あり、仕事しただけ自分の収入となります。実際に女性、男性に限らず、
年収が1000万円を超えている人
もザラです。
又通常独立する場合のように何百万~何千万円という高額な資金が必要ありませんので、 独立するハードルが低くなり成功するチャンスが増えます。
このように独立開業というのがこの資格の最大のメリットでもあり、魅力でもあるのです。

もちろん無理に独立する必要もありません。独立する場合は、それなりの人脈も必要となり、 仕事の経験も必要ですから、リスクも生じます。 企業に所属して安定と保障を求めるのも良いと思います。

しかしこのご時世ではどんな一流企業にいようとも一生安泰というわけには行きませんし、 将来を約束されている人もいません。どんな場合でもリスクはあります。

どちらにしろ、社会保険労務士という仕事は、勤務と独立という2つのパターンがあることを是非理解してください。

今月の通信講座人気No1
フォーサイト